【講評】加藤正人(脚本家)/「第1回古書みつけノンフィクション賞」最終選考

自分のことを書けば、誰でも一本は傑作が書ける。 これは、偉大な脚本家新藤兼人の言葉だ。 誰もがドラマチックな人生を生きている。その人の人生は、その人自身が一番良く知っているのだから、それを書けば素晴らしい作品になるという … 続きを読む 【講評】加藤正人(脚本家)/「第1回古書みつけノンフィクション賞」最終選考